« 経産省が要請 : 配布停止ソフト その経緯 | Main | ピンク・パンサーの息子 »

2003.12.25

小説好きにはたまらない新刊

なんか本屋に行ったらスゴイものが並んでいた。単に行ったのが久しぶりだから?

不思議のひと触れ シリーズ 奇想コレクション シオドア・スタージョン 大森 望 編
海を失った男」が夏に出たばかりだというのに、またもスタージョンの新刊が出た! わお!! 次にはVenus Plus Xの出版も予定されているそうだし、実に楽しみ。

殺意のシナリオ SHOGAKUKAN MYSTERY ジョン・フランクリン バーディン
小学館からのクラシックミステリシリーズでは、ジョセフィン・ティの「魔性の馬」という大傑作も含まれている。そういうセレクションの場合、他もスゴイことが多いので期待買い。

サイコトパス 山田正紀
山田正紀の新刊が続々出ていて、読むのが追いつかない~。3~4ヶ月おきに出てるなあ。
でも予告があった「神狩り2」は全然出ませんね(笑)。難航してるのかな?

廃墟の歌声 晶文社ミステリ ジェラルド カーシュ
壜の中の手記」が結構あちこちで評判になった、カーシュの新刊。
スタージョンといいカーシュといい、いわゆる奇想小説ぽいものが最近ガンガン出ていて、個人的には嬉しい悲鳴だ。なんか翻訳小説出版黄金期の70年代を彷彿とさせる勢いではありませんか?

ケリー・ギャングの真実の歴史 ピーター・ケアリー
このオーストラリア作家の名を知ったのは、確かアルクあたりから出ていたペーパーバックガイドで「The Fat Man in History」が紹介されているのを見た時。その後超大ホラ吹き小説「イリワッカー」の翻訳が出て驚いた。映画にもなった「オスカーとルシンダ」もあったな。と、今カタログ見てたら品切れじゃないか! ビデオも絶版。LD持ってるからいいけど、そうかあ、もう流通してないのかあ・・・・。

The Fifth Harmonic: A Novel   F. Paul Wilson
F.ポール・ウィルソンの、ノンシリーズ新作みたい。まだ全然中を見てないのでよく分からない。
以前限定版が出ていた「Midnight Mass」が出るみたいだけど、うーん、これ同じ内容なのかな?、違うのかな?

次は小説じゃないけど。
熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理  トム・デマルコ (著), ティモシー・リスター (著), 伊豆原 弓
げ。やられた。こんなにすぐ翻訳が出るとは予想しなかった・・・・・。原書の方買っちゃったよ・・・・。なんと翻訳書の方が安いとは・・・・。

そういえば京極夏彦の新刊が12月には2冊も出てたな・・・・・。
あー、いろいろ多すぎるぞ(笑)。

|

« 経産省が要請 : 配布停止ソフト その経緯 | Main | ピンク・パンサーの息子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小説好きにはたまらない新刊:

« 経産省が要請 : 配布停止ソフト その経緯 | Main | ピンク・パンサーの息子 »