« 「悪魔のいけにえ」 | Main | It BitesのDVDが出てるぞ!!! »

2004.01.06

祝 「マンハッタンの戦慄」重版!

マンハッタンの戦慄」(上・下) F・ポール・ウィルソン(扶桑社文庫)が重版された。"始末屋ジャック"シリーズ第一作にして、著者を代表する傑作長編がまた入手出来ることは喜ばしい。ついでに表紙のイラストが新しくなった。サンケイ文庫の時代に出て、扶桑社でまた出て、これが3回目の出版になる。

先日もシリーズ最新作「Gateways」を読んだばかりだが、何しろこの「マンハッタンの戦慄」(The Tomb)は滅法面白い小説だ。ムリに分類すればホラーと言えなくもないが、SFだとも冒険小説だとも風変わりなミステリだとも言える。最大の魅力が主人公であるジャックの生き様、というあたりはアンドリューヴァクスのバークシリーズとも通じるものがあるかも。

ところでヴァクスと言えば(話は逸れるが)作中で主人公がずっとJudy Henskeの歌をかけてたりするあたりが面白かったりもしたなあ。ちょうど彼女のレコードを集めていた頃だったりして。

ウィルソンに話を戻すと、「ザ・キープ」「触手(ザ・タッチ)
も文句なしに面白く、「マンハッタン」と甲乙付けがたい。

ドキドキハラハラさせつつも楽しく、ぐっとくる感動ありの極上エンターテインメント小説なので、未読の方は是非。

|

« 「悪魔のいけにえ」 | Main | It BitesのDVDが出てるぞ!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/78411

Listed below are links to weblogs that reference 祝 「マンハッタンの戦慄」重版!:

« 「悪魔のいけにえ」 | Main | It BitesのDVDが出てるぞ!!! »