« CCCDはアメリカの陰謀か? | Main | Magnatune:あるレコード会社の冒険 »

2004.01.21

単行本熱望コミックなど

【山下友美】
先日も山下友美新連載が楽しみ、というコメントを書いたのだったが、あの日は復刊ドットコムがメンテナンス中だったので、改めて単行本未収録・単行本絶版・品切れ作品について補足しておこう。

山下友美 復刊特集というページが既に出来ているので、まずはそちらをご参照いただきたい。驚かれるかも知れないが、ごく最近の連載作品についてもコミックス化の予定が決まっていない。投票数300を越えている「代書屋佐永」という作品についても未定。う~ん、こうして優れた作品が、知る人のみぞ知るままになってしまうのが実に惜しい。つい先日完結した、一種のマッドサイエンティストものでありつつもラブストーリーな傑作コメディ「ひみつのゴードン博士」もまだ単行本化の予定がない。実にもったいない。ちなみに私はこのために掲載雑誌が捨てられないでいるが、LP/CD/DVD/書籍/雑誌/コミックスがほぼ毎日入荷する我が家にあっては、死活問題な物量である(笑)。やはり秋田書店あてにメッセージ送らないとだめかなあ・・・・。

【山内規子】
さて、もう一人筆者が偏愛する漫画家に、山内規子という人がいる。ぶ~け(もうなくなっちゃったけどね)やぶ~けDXで珠玉の短編や連載を掲載していたのだが、コミックスが3冊で止まってしまった。その後発表された作品は、優にコミックス3冊分はあったのだが、ついに現在に至るまで未刊行である。

その後集英社系の雑誌には目を配っていたのだが、まったく作品を見かけなくなってしまった。まさかあのまま休業してしまったのかと、ここ数年悲しく思っていた。

それが先日、ふとヤフオクで検索に引っかかった。おや?持っている単行本じゃない。なんだろう?、と見てみると、あおば出版というところから出ている「サクラミステリー」というレディースコミック誌だった。なんと、全然気づいていなかったが、他の出版社で作品を書いていたのだ!

”あおば出版”と”山内規子”をキーワードに検索掛けまくったところ、以下の単行本には何かしら載っていることを突き止めた。突き止めてしまったら入手するしかない。入手するしかないのだが、Amazonで最後に購入ボタンを押すのはかなりためらった。収録本はこんな感じだ。

年下の男ってどうよ!?
新・犬っこ倶楽部 2 (2)
フェレット倶楽部 3 (3)
猫っこ倶楽部 13 (13)
猫っこ倶楽部 14 (14)
猫っこ倶楽部 15 (15)

正直に言おう。
ツライ・・・・・。
頼む! 単独名義の単行本出してくれ~。

他にも、現在発売中の雑誌に書いているようなのだが、その雑誌というのが「結婚に関する15章vol.7」というものだ。
ツライ・・・・・。
が他にどうしようもないので買うしかなかろう。明日また探そう・・・・。

【河あきら】
同じく単行本未収録作品が山のようにあるのが河あきらである。ファンサイト河のある風景で作品リストがまとめられているが、80年代にレディース誌に場を移して以降の作品は、大部分が単行本未収録のままとなっている。

河あきらというと70年代に別冊マーガレットで活躍していた作家、というイメージが強いかも知れないが、実は80年代以降の作品も素晴らしいのだ。それを実感したのが、ふと入手してはまりにはまり、1ヶ月くらいの間ずっと読み返していた大傑作「ご町内のミナさん!」(全11巻)に出会った時である。以来単行本に関してはこつこつ集めてほぼ揃えることが出来たが、とにかく未収録が多すぎる! 私は坂田靖子も大好きなので、それを追いかけて雑誌を買っている。するとたまたま河あきらの作品も載っていたりして、そういう時には切り取って保存しているのだが、このあたりも本になるのが果たしていつになるのか、まったくあてがない。

現在河あきらは、双葉社からの雑誌で「Wonder!」という作品を連載中で、こちらは久々にコミックスが出ている。しかしこれまた昔は「ミステリーJour」だった誌名が現在は「Jour すてきな奥さん」という(笑)、かなり買うのをためらう名前と表紙になってしまっている・・・・。ううう。でも思い切って買ってみたら、結構好きな三山節子が書いていたりしたので、まあいいかと思うことにした。

しかし、ホント困るんだよ~。

あー、あとアフタヌーンとかアフタヌーン マグナム増刊で書いてた荒巻圭子の作品も未収録があるなあ。
Genomesは1冊は出たけど、一番長くなったシリーズ最終話はコミックスが多分、ない。というか、あれ完結したっけ? 出来る限り雑誌から切り取ったのだが、どうも全部は手元に揃っていないようだ。マグナム増刊の連載「SPHINKS-王国物語-」も、多分本になっていない。悲しい。画だけでゾクゾクするような凄みのあるところが好きなのだが・・・・。でもこれを書きながら検索したら、今でも書き続けておられるようなので嬉しかった。

えー、キリがないので、本日はこれまでにて・・・・・。

|

« CCCDはアメリカの陰謀か? | Main | Magnatune:あるレコード会社の冒険 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/120726

Listed below are links to weblogs that reference 単行本熱望コミックなど:

« CCCDはアメリカの陰謀か? | Main | Magnatune:あるレコード会社の冒険 »