« 山内規子 雑誌に2作 | Main | 「二十面相の娘」出てたんだぁ! »

2004.02.28

子どもがゲーム離れするのって悪いこと?

子どもたちにTVゲーム離れ? 高価・遊びの多様化で(朝日新聞)という記事が。コンピュータエンターテインメント協会という団体は、

「遊びの選択肢が広がっており、危機意識を持つべきだ」と業界に自戒を呼びかける。
という動きに出たようです。気持ちは分かるけど、ちょっと引っかかりますね。

3年前より5%下がって、「自宅でゲームをしている小学生」は79%だそうですが、これ十分高い割合ですよね? ゲーム、特にコンピュータゲームと限定してしまえば、それは遊びの一種、おもちゃの一種に過ぎないし、遊びとして好まない子どもがいたって不思議はないです。業界が危機感を持つのは悪いことではなくて、そりゃ将来的に業界規模が縮小するのはイヤでしょう。ただここには、「子どものための遊び」という観点があまり感じられないのですよね。

ところで、多分この資料が情報源かなと思えるのですが、新聞記事とは微妙に数字が違うような気も。
まあ資料の方が本当なのでしょうけど。

ビジネスはビジネスとしても、次世代を託す子どもたちをどう育てるか、って観点はおもちゃとか子ども向けエンターテインメント全般に必要なものだと思います。70年代後半以降、多分80年代くらいから、TVアニメからもそうした要素が希薄になっているような気がします。70年代までのアニメや特撮、マンガをひっくり返しているとどうもそういう印象を受けます。

音楽聞いたり、映画見たり、本を読んだりするのもいいし、スポーツでも散歩でも、歌ったり踊ったりしてもいいはず。試してみたいことは山のようにあって子どもは忙しいんだから、ゲーム業界が縮小しても、しょうがないんじゃ、とか思ってしまいますね。とりあえず、一度は黄金時代を作れたんだから、それでよしとしませんか?

|

« 山内規子 雑誌に2作 | Main | 「二十面相の娘」出てたんだぁ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/243613

Listed below are links to weblogs that reference 子どもがゲーム離れするのって悪いこと?:

« 山内規子 雑誌に2作 | Main | 「二十面相の娘」出てたんだぁ! »