« 洋楽レンタルの“苦い”事例 | Main | 音楽関係者からの公開質問状 »

2004.05.22

拉致被害者 家族の帰国

小泉首相訪朝:蓮池、地村さんの家族5人、今夜帰国へ(毎日新聞)とのこと。この、あらかじめ予定されていたかのような、いざという時に使おうとしてカードを取っておいたような小泉首相の行動は非難されるべきなのだろう。一般市民の拉致そして、被害者家族の別離といった大きな苦難を、政治目的に利用している点において。

もちろん、被害は回復され、補償されなければならない。けれども日本政府がどこまでやってもそれは20年以上に渡る無視と対応不手際に対する後始末であり、どんなに飾ってみても「手柄」などにはなり得ないものだ。

我々貧乏人も同じような手法を使う時があるでしょう?
ずっと昔の借金を、忘れた頃に返すと妙に感謝されることがある、っていう、あれです。
錯覚なんですけどね。つい感謝しちゃう気持ちも分かりますが(笑)。

家族の再会は喜ばしい。
けれど、別離を長引かせた責任も取ってもらわないと物事のバランスが取れないってもんです。

|

« 洋楽レンタルの“苦い”事例 | Main | 音楽関係者からの公開質問状 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/636193

Listed below are links to weblogs that reference 拉致被害者 家族の帰国:

« 洋楽レンタルの“苦い”事例 | Main | 音楽関係者からの公開質問状 »