« Amazon.co.jpが輸入権に反対表明:顧客からの意見募集中 | Main | 洋楽レンタルの“苦い”事例 »

2004.05.21

レコードバカのつくり方

Tak's ウェブログさんが書かれた音楽業界の将来を読ませていただいた。著作権法の一部を改正する法案について知った2003年12月からこっち、何をしていても頭にのしかかる重い、黒い霧の中で、一瞬の涼風に吹かれたような気分の良さを感じた。

20年掛けて、音楽業界はゆっくりと自殺していたのだ!
そしてまた、どうして私を含めて、ネット中心にここまで問題共有が進んできたのか、その謎も少し解けたような気がした。

そう。彼らがケンカを売った我々というのは、じっくり時間を掛けて育成された、レコードバカなのだ。

レコードコレクターほど、いったんこうと思い詰めたら最後、どうにも始末の悪い人種が他にいるだろうか?
1枚のレコード欲しさに日本中、いや世界中を歩き回る。他人が知らないレコードをいつまでも探し求める。生活空間が圧迫されてもレコードを増やし続ける。たかが黒いビニールやら銀色の円盤やらに収入の大半をつぎ込む。

ひたすらそういう訓練を積んできた人間は、いったんターゲットを見据えると死ぬまで諦めることを知らない。
ま、いいか。こういうたちの悪い集団を育てたのは、そもそも音楽業界だったんだから。

この文章を読まれた方の中には、「ビン・ラディン」とか「アフガン」とか「フセイン」とか「CIA」といった言葉が頭をよぎった方がおられるかも知れませんが、きっとそれは単なる偶然です(笑)。

|

« Amazon.co.jpが輸入権に反対表明:顧客からの意見募集中 | Main | 洋楽レンタルの“苦い”事例 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/631603

Listed below are links to weblogs that reference レコードバカのつくり方:

« Amazon.co.jpが輸入権に反対表明:顧客からの意見募集中 | Main | 洋楽レンタルの“苦い”事例 »