« 知的財産推進計画の見直し | Main | 知的財産戦略本部が新法提言 »

2004.05.08

日本レコード協会の声明文はこう読む

音楽配信メモさん5月7日付け記事からの情報。
日本レコード協会のサイトに、「日本の洋楽ファンの皆様へ」と題した文章が掲載されたとのこと。音楽配信メモの津田さんは、

だが、悲しいかな欧米メジャーのブランチである(全ての会社ではないけど)彼らに、そんなことを「確約」できる権利なんかないんだよね。

と書かれているが、私は少し違う受け取り方をした。これは原文をどう読むか、という問題なのだが。
短い文なので下記に引用します。
現在、国会で「商業用レコードの還流防止措置」を導入する著作権法一部改正法案が審議されており、この法案に対し、一部の方々から「欧米諸国からの洋楽直輸入レコードが買えなくなるのではないか」との不安の声が寄せられております。しかし、私たちは、欧米諸国で製作され、日本に輸入された音楽レコードを楽しんでいただいている日本の音楽愛好家の方達に何ら不利益、不自由を与えることなく、今後ともこのような状況を維持し、さらに多くの洋楽レコードを提供してまいりますので、ご安心いただきますようお願い申し上げます。

ポイント 1
現在、国会で「商業用レコードの還流防止措置」を導入する著作権法一部改正法案が審議されており、この法案に対し、一部の方々から「欧米諸国からの洋楽直輸入レコードが買えなくなるのではないか」との不安の声が寄せられております。

まず「不安」という言葉を使っていることに気づきます。つまりは、それは杞憂ですよ、と言いたいわけです。そして不安の内容は、「直輸入盤が買えなくなること」なのですが、そこになぜか「欧米諸国」と限定されているのが気になります。今回の法案では、アジア、アフリカ、アラブ、ラテンアメリカなどどこからだって買えなくなるはずなのですけれど。

ポイント 2
しかし、私たちは、欧米諸国で製作され、日本に輸入された音楽レコードを楽しんでいただいている日本の音楽愛好家の方達に何ら不利益、不自由を与えることなく、今後ともこのような状況を維持し、さらに多くの洋楽レコード提供してまいりますので

長い文章ですね。まず主語は「私達は」ですから、この声明を出している人々は、と始まっています。述語は最後の「提供してまいります」のところです。
目的語は「方達に」です。それがどういう人かというと「音楽愛好家」です。「日本の」です。
それを修飾しているのが「欧米諸国で製作され、日本に輸入された音楽レコードを楽しんでいただいている」という部分です。
言い換えてみますと、
「私達は、現在直輸入盤を楽しんでいる音楽愛好家の方に」となります。

そして結論部です。さて、どんな結論をもって、最後に「安心しろ」と言っているのでしょうか?
よく読んでみますと、言っていることは結局「さらに多くの洋楽レコードを提供します」ということだけ。

どうですか? 輸入盤のことなんて一言も言ってないですよね?
つまり、この文章はこうも理解できるのではないでしょうか。

「輸入権によって直輸入盤は禁止になる可能性が大きいですが、今まで輸入盤を買われてきた洋楽ファンの方々に対して、これからも多くの、今までよりも多くの洋楽レコードを提供します。中身は洋楽です。日本盤ですけれど。どんどんカタログは充実させます。ですから選択には不自由させません。さらに全国津々浦々同一の価格で提供しますから、どなたも不利益を被ることはありません。CCCD? もちろんCCCDだけではなく、次世代コピーコントロールはどんどん導入していきます。技術の進歩に合わせて、今まであったような問題もなくなりますよ。私達は業界の総力を結集して、どんどん洋楽CCCDを提供していきます!」


要するに、「これからも、自由に海外直輸入盤が入手できる環境を維持することをお約束します」と一言書けば済むはずのところに、「今後ともこのような状況を維持します」(だからどういう状況のことだよ!(笑))という極めて曖昧な、欠陥声明文を掲載している訳です。

つまり何を約束しているわけでもなく、せいぜい読み取れることは「これからも洋楽レコードは手に入りますよ」ということだけ。この文章をうまいこと誤読してくれて、「なあんだ、輸入盤のことは心配要らないじゃん」と安心してくれる洋楽ファンがいれば儲けモノ、ということなのではないでしょうか?

|

« 知的財産推進計画の見直し | Main | 知的財産戦略本部が新法提言 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本レコード協会の声明文はこう読む:

» 日本の洋楽ファンの皆様へ [OTO-NETA]
日本の洋楽ファンの皆様へ(RIAJ)←音楽配信メモ 現在、国会で「商業用レコードの還流防止措置」を導入する著作権法一部改正法案が審議されており、この法案に対し、... [Read More]

Tracked on 2004.05.08 04:07 AM

» 「日本の洋楽ファンの皆様へ」 [It really hurts.]
 MAL Antennaさんの記事より。  原文を読むと明らかに論点をぼかしてあるのが非常に腹立たしい。  メーカー直輸入でない並行輸入のみストップという方... [Read More]

Tracked on 2004.05.08 06:15 AM

» 著作権法改正10 〜日本レコード協会の声明の正しい解釈〜 [YOTABLOGUE]
昨日参照したOTO-NETAさんのエントリーに追記されてたリンク、MAL Antennaさんの「日本レコード協会の声明文はこう読む」。 ほほぅ。こうやって人を... [Read More]

Tracked on 2004.05.08 02:39 PM

» 「アジア盤《も》買いたい」のはダメなんですか?CD輸入権による音楽鎖国 [絵文録ことのは]
●「社団法人 日本レコード協会|日本の洋楽ファンの皆様へ」という声明が発表されました。こういうものを発表せざるをえないほど、音楽ファンの声が高まっていると見るこ... [Read More]

Tracked on 2004.05.08 04:28 PM

» 『実態を知るシンポジウム』の後で── その2 [試される。]
著作権法改悪による「輸入権」創設。 今までも多くのブロガーらが異を唱えてきた。 そして その反対意見の波は遂に、 4日の『実態を知るためのシンポジウム』で ネ... [Read More]

Tracked on 2004.05.08 07:49 PM

» どうでも良いけど、どうでも良くない話 [wms: musicbiz edition]
 日本レコード協会は、今回の法案改正を「商業用レコードの還流防止措置」と表現して、情けないような言い訳(笑)を発表したね。この文章をどう解釈して読めば良いかは... [Read More]

Tracked on 2004.05.09 02:03 PM

» 外資系企業の行動論理に注意!――日本レコード協会の声明に思う [嗤って……許せるのか?]
日本の洋楽ファンの皆様へ(日本レコード協会) この意味不明な声明に、あちこちから疑問の声があがっています。 絵文録ことのは/「アジア盤《も》買いたい」の... [Read More]

Tracked on 2004.05.09 02:31 PM

» 輸入盤問題についてのさらなる関連情報 [Party?Party!@neppie.com]
輸入権に関する関連ものを更にまとめたので、エントリーしたいと思います。 【1】この前アップしたフラッシュがバージョンアップしたので、再度アップします。絵文録こ... [Read More]

Tracked on 2004.05.10 01:26 AM

» [輸入盤CD問題] 社団法人日本レコード協会から日本の洋楽ファンの皆様へ [ふくみみ]
日本レコード協会と一部のレコード会社から姓名が出ていたようです。 それでも改正案に反対です/"サッカー+Mac+TV=自分"さん 日本の洋楽ファンの... [Read More]

Tracked on 2004.05.10 10:43 PM

» ★輸入盤規制問題について★ [自由浮遊社ヱブログ]
輸入盤規制問題については、ここ数日ネット上での反響が大きくなっているようで、色々 [Read More]

Tracked on 2004.05.13 11:08 PM

« 知的財産推進計画の見直し | Main | 知的財産戦略本部が新法提言 »