« コピーコントロールが全てを台無しにしているんじゃないの? | Main | コピーワンス放送の罠:これをすんなり理解できる人はどのくらいいるのかな? »

2004.08.26

公正取引委員会が調査に入る:着うた配信独占会社へ

「着うた」大手レコード会社の独占で単価下がらず(読売新聞)というニュースが。

コピーコントロール、輸入権、CD+DVD抱き合わせ販売、制限だらけのオンライン配信と、最近のレコード業界は悲しくも「貧すれば鈍す」とでもしか形容しようのないニュースが多いですね・・・。音楽ファンとしてはなかなかに複雑な気分です。

それでも、主に旧譜再発系では、目を見張るようなラインナップもあったりするあたり、ホント会社や部署や担当者によってバラバラな状況なのでしょう。

最近の新譜情報などは、また時間が出来たときに。
ウチも入荷だけは相変わらず続いていますので・・・・。

その他、ITMediaのニュースと特集にも注目。


「コピー防止CDは私的複製権を妨害」と、仏EMIに訴訟

特集:私的複製はどこへいく?
  第一回:コピーは何回? それとも禁止?
  第二回:「コピーの全否定は問題」――音楽業界のジレンマ

|

« コピーコントロールが全てを台無しにしているんじゃないの? | Main | コピーワンス放送の罠:これをすんなり理解できる人はどのくらいいるのかな? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公正取引委員会が調査に入る:着うた配信独占会社へ:

« コピーコントロールが全てを台無しにしているんじゃないの? | Main | コピーワンス放送の罠:これをすんなり理解できる人はどのくらいいるのかな? »