« Amazon.co.jpからUS、Canadaへのリンクが消えた? | Main | 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう »

2004.09.29

「SMILE」が手元に来たけど実感が湧かない

Brian Wilsonの新譜、「SMILE」が本当に発売されて、今日手元に来た。リリースのニュースは初夏から聞いていたわけだが、どうにも未だに、これが本当の出来事だという気がしないのだ。

創元推理文庫から1997年に出された、ルイス・シャイナーの「グリンプス」という小説はもうお読みになっただろうか? 世界幻想文学大賞を受賞した、ロックミュージックファンに捧げるファンタジーである。登場するのは、どれもロック史上に名高い、「幻の作品」たちだ。アーティストの死や、その他の事情により、この世に生まれ出ることがなかったレコード達。

ファンタジーというと、ユニコーンとか妖精とか魔法とか、そうした「想像上の」ものたちが、「もしも」現実に存在したら・・・という夢想を中心に描かれるわけだが、ビーチ・ボーイズの「SMILE」という作品は「グリンプス」にも登場する。

要はそれくらい、ロック史上もっとも有名な「未完の」作品であり、「もしも」あの時完成していたら・・・・という夢想を多くのファンに抱かせ続けてきた極めつきの一枚なのだ。

・・・というわけで、届いている包みを開けるのもなんとなくためらわれつつ、先にこんな文章を書いていたりする。
Amazon.co.jpではUS盤は24%引きで発売開始しているので、1週間遅れで出る日本盤より1000円くらいは安い。でも日本盤解説は萩原健太さんらしいので、きっとかなり充実したものになるんでしょうねえ。本当は書籍1冊分くらいは書きたいことがあるに違いありませんけど(笑)。

今月出る音楽雑誌にはいろいろ特集が出るでしょうね。
ゆっくりと、この未だに信じがたい状況に慣れていこうと思います。

|

« Amazon.co.jpからUS、Canadaへのリンクが消えた? | Main | 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/1553509

Listed below are links to weblogs that reference 「SMILE」が手元に来たけど実感が湧かない:

« Amazon.co.jpからUS、Canadaへのリンクが消えた? | Main | 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう »