« 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう | Main | 近況など »

2004.10.22

「新書店は太陽、古本屋は月」――紀伊国屋、Webと店舗で絶版文庫を取り扱い

これは興味深い上に、個人的にはとても嬉しいニュースだ。

「新書店は太陽、古本屋は月」――紀伊国屋、Webと店舗で絶版文庫を取り扱い (IT Media)

私はふるほん文庫やさんをそれなりの初期から利用し、また応援している。よく知らない、という方は、是非「ふるほん文庫やさんの奇跡」を読んでみて下さい。

Amazon.comに吸収されてしまったけれど、Bibliofindというサイトがあった。これは古書店横断検索サイトだったのだが、結構レアな本も見つかったので、一時期かなりはまった。これがAmazonに統合されて何が起こったかというと、欲しい本が新刊であればそれを買えばいいし、安い古本が欲しければそれも見つかる、さらに絶版本でも運が良ければ見つかる、という凄いサイトになったわけ。Barns & Nobleもその後新刊・古書横断検索を実現したけれど、これは恐ろしく強力だった。

それから遅れること実に5年前後か。ようやく日本でも新刊・古書の横断検索が、文庫本に限ってだが実現することになる。

そもそも80年代以降、出版点数はひたすら上昇する一方で、絶版ペースも上がるばかり。購入する立場としては、将来読む可能性がある、というレベルで購入を決意する必要があるわけで、さすがにあらゆる本を新刊で購入することは不可能だ。欲しくなった時に取り寄せできるならそれで救われるのだが・・・・。実際はどうか知らないが、降らすのでは出版社がかなりの長期に渡って出版した書籍を保存しているので、注文すればかなり以前の本でも入手できる、という話をどこかで読んで、うらやましく思ったことを思い出した。

著作権法改正要望事項に対する意見募集についてがとりあえず昨日締め切りで終了しました。出版業界からの要望として、「出版社にも著作隣接権を」とか、「スキャナに補償金制度を」とか、自分たちの首を絞めるようなものが上がっていましたが、そんなこと考えてる暇があったら、もっと真剣に出版文化を活性化する方法を考えて欲しいものです。やっぱり、ふるほん文庫やさんの方が出版社より100倍頑張ってるような気がします(笑)。

あ、あと青空文庫関係者の、パブリックコメントに関するエントリは是非ご一読を。出版文化についてきっと考えちゃいますよ。いい意味で。

|

« 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう | Main | 近況など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「新書店は太陽、古本屋は月」――紀伊国屋、Webと店舗で絶版文庫を取り扱い:

« 役人の嫌がらせにめげず、パブリックコメントを出しましょう | Main | 近況など »