« 税金はみんなから狙われる | Main | 今年最大の贅沢:東プレのキーボード買ってしまった »

2004.12.26

書店の倒産、増加続くとのニュースが悲しい

書店の倒産、増加続く ネット書店・コンビニが影響か(朝日新聞)

出版全体の不況、不況をカバーしようとする出版点数の急激な増加、ベストセラー偏重の品揃えなど様々な要素が小規模書店にとって逆境となっていると思われる。ウチの近所でもじわじわ書店数は減っているように思うが、それでも30年以上前から残っている店もある。

子供の頃は、近所の小さな書店でも十分な広さに感じたものだったなあ。長じてからは都心の大型書店に慣れてしまうと半端な在庫量では満足しなくなってしまったけれど。それでも昔は文庫本でも結構取り寄せしてたし、雑誌の定期購読も書店で申し込んでいたもんだ。

大手取次と配本の不合理などの問題は80年代くらいから雑誌等で取り上げられているのを見るようになった。小規模書店では、売りたい本が入荷出来ない、客注を出してもなかなか来ないなど、客離れを推進するような状況が続いていたはずだ。

そうして相変わらず小規模書店は減り続けているのだね。まあ全ての小規模書店が業界のせいで潰れたわけではなく、怠惰ゆえに続かなくなった店もあるのだろう。それにしたって現在の出版点数は異常だし、大規模書店でだって陳列しきれないだろうに。そこまで追いつめられているのも分かる気はするが、それが貸与権だの貸与権管理センターだのを巡って出版社と取次が、自分たちにはまったく権利のない貸与権からも利益を上げようとしているのはあyはり許せない。努力の方向が間違ってるでしょうよ。

まあ小規模なレコード屋さんもどんどんなくなってることだし、多様性が勝負のコンテンツ販売ビジネスと小規模店舗という形態自体が寿命なのかも知れないけれど。ただそうして販売拠点が変化すれば当然客層も変わってくるわけで、するとまだ業界動向jが変わってくるはず。それは果たしてさらなる凋落なのか起死回生の復活なのか。来年はどうなるのだろうか。

|

« 税金はみんなから狙われる | Main | 今年最大の贅沢:東プレのキーボード買ってしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/2378445

Listed below are links to weblogs that reference 書店の倒産、増加続くとのニュースが悲しい:

» 「独身者同士が出会う「最高の場所」は、書店チェーン [ジョーク ドッコム]
独身者が出会う「最高の場」は書店、NY世論調査 「独身者同士が出会う「最高の場所」は、書店チェーン「Barnes & Noble」 との回答が首位... [Read More]

Tracked on 2004.12.26 at 11:54 AM

« 税金はみんなから狙われる | Main | 今年最大の贅沢:東プレのキーボード買ってしまった »