« 書店の倒産、増加続くとのニュースが悲しい | Main | 知的財産権の輸入差止申立情報 »

2004.12.26

今年最大の贅沢:東プレのキーボード買ってしまった

いや、一太郎2005発売のお知らせが来たのでジャスト・システムの通販サイトに行ったら、限定100個売りに出てました。

東プレ Realforce106キーボード
https://www.justmyshop.com/app/servlet/mypage?tag=32

キーボードマニアの間ではあこがれの一品、"打ちやすく疲れない"と評判の高級キーボードです。
東プレ 製品情報
http://www.topre.co.jp/products/electric/keybord/catalog.html


物書きなら万年筆などの筆記用具にこだわるわけですが、コンピュータユーザーにとってはキーボード、およびマウスというパーツはもっともつきあう時間が長い道具です。ショップブランドのPCセットなどだと300円くらいの安物が付いていることが多いのですが、初心者ほど付いてきたものをそのまま使ってしまう傾向があるように思います。実際にはキーボードというのは実に多くの種類があって、多くの人が様々なこだわりをもって選んで居たりもします。

私はここ数年はずっとJustyのJKB-106Sという機種を愛用していた。
http://www18.big.or.jp/~fujiwara/ikki/keyboard/photo/jkb106s.shtml
ネットや中古で同機種の予備を何台か購入し、同型の日立製PC-KB3500も何台か入手して、仕事場、自宅など全ての作業場所で使っていた。

しかし残念ながらこのキーボード、耐久性はそれほどなく、3年も使っているとあちこちにガタが来る。ミスタッチが増えてくるようになると余計なストレスもあるし、作業効率も落ちるのでちょっと困っていた。

東プレのRealforceは高価な上に生産量が限られているので、秋葉原でも常に買えるわけではない。それがジャストマイショップの年末企画で売り出されていたのでつい注文してしまったのだった。

現在この文章は、届いたばかりのRealforceで打っているけれど、キータッチが大変心地よい。私はそれほどタイピングが早いほうではないのだけれど、ペンに例えるならば水性ボールペンでさらさらさらとかる~く書いているような感触だ。触っていて気持ちが良い感じ。

PC本体が3万円以下で買えるようになっている時に、キーボードが1万6千円というのは相当高価だが、まあ私の場合は仕事関係の道具だしということで思い切って贅沢してしまった。本当はパソコンが苦手な人ほど、最初はいいキーボードとマウスが必要なはずなんですけどね。これって楽器と似てますね。初心者にはいいものを与えよ、という点が。

|

« 書店の倒産、増加続くとのニュースが悲しい | Main | 知的財産権の輸入差止申立情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/2378548

Listed below are links to weblogs that reference 今年最大の贅沢:東プレのキーボード買ってしまった:

» 今年のキーボードはちょっと違う [オレオレぶろぐ]
パソコンのキーボードは毎年買い換えている。去年買ったのは、IBMのサイトで買ったトラベルキーボード。今は猫も杓子もウルトラナヴィとやらでせわしいが、このシンプ... [Read More]

Tracked on 2005.01.08 at 09:28 PM

« 書店の倒産、増加続くとのニュースが悲しい | Main | 知的財産権の輸入差止申立情報 »