« 山内規子:5/19発売の「サクラミステリー」から3号連続掲載 | Main | これぞ「なしくずしのお手本」だな:容疑者DNAのデータベース化 »

2005.04.27

[CCCD]世界中で悲嘆と怒りが:再結成Van Der Graaf Generatorの新譜

解散から27年。2000年に発売された集大成ボックス「Box Set 68-78 [BOX SET] [FROM UK] [IMPORT]」において、「これでVDGGは完結した。再結成はない」とされていたのだが、世界中のファンが待ち望んでいた奇跡の復活を遂げたVan Der Graaf Generator。ブリティッシュ・プログレバンドの中でも変則編成(Vo+G、Dr、Key、Sax)かつ超個性的音楽性を持ち、未だに孤高の存在であり続けている。

そんな歴史的新譜がいよいよこの4月に発売なのであるが、なんと今更のように発売元のEMIはCCCDでのリリースをしようというのだ! 現在判明しているところでは、UK盤は通常のCDDAだが、EU盤と日本盤はCCCDのようだ。CDDA仕様のEU盤が存在するかどうかは現時点では不明。またUS盤がどうなるかも不明。

国内ショップでは、HMVおよびレコファンの初回入荷分はEU盤CCCDであったことが報告されている。私がこの情報を得たのはmixiのVDGGコミュニティにおいてである。またPeter Hammill Mailing Listでも「Sofa Soundから届いたディスクはCopy Controlじゃなかったよ!」などの情報交換がファンの間でなされている。

EMI/VirginによるVDGG特設サイトなどというものまで立ち上げるほどの力の入れ方なのに、この仕打ちはなんだというのか? メンバーへの質問受付コーナーもあるけれど、申し訳なさ過ぎてとてもこんな話題をピーターやデヴィッドに伝えたくはない。

さて、日本での入手だが、Amazon入荷分はUK盤らしいのでCDDAだと思われる。またDiskUnionがUK盤を入荷させている。一方HMVはEU盤のみに見える。2枚組とはいえ、UK盤とEU盤で1000円近い価格差があるのはなんとも恨めしいが、CCCDなどは商品に見せかけてはいるがただのゴミなので、まあなかったこととしよう。価格が気になる人はUS盤に期待か。私はオリジナルUK盤がいいし、そもそもずっと前からAmazonに予約済み。

なんにせよ、そろそろ昔話になっているはずだったCCCD問題は、まだ終わっちゃいないのであった・・・・。

Amazon.co.jp
Present [FROM UK] [IMPORT]
プレゼント(CCCD)

HMV (EU盤 CCCD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1087947

DiskUnion (UK盤 CDDA)
http://diskunion.net/progre/news.php?news_id=1&page=1&yyyymm=2005-04#51

|

« 山内規子:5/19発売の「サクラミステリー」から3号連続掲載 | Main | これぞ「なしくずしのお手本」だな:容疑者DNAのデータベース化 »

Comments

私が入手したUK盤2種について。
手っとり早く聴きたかったので、あちらこちらに予約を出しておいた。最初に届いた2枚はCCCDで、ここまで大きく表記するのは普通、音質の良さをアピールする、たとえばKing Crimsonの宮殿オリジナルマスター発掘盤のような場合だろう、といいたいくらいのレベル。しかし、Amazonからの2回目のものだろうか?CDDAが届いた。バーコードと型番が共通なので参考にして頂きたい。7-24387-367**と最後の2桁までが同じでCCCDは最後が「92」、CDDAは「62」。いずれも、「Printed in the EU」と、バーコードの一番右端の極小の文字で印字されているので、流通段階で国別の振り分けが行われている可能性が高い。店頭で見た場合、「Copy Controlledの表記がなければセーフ」と簡単なもの。あえて付け加えれば、カリスマ名物のあのオジサン「タン・マッド・ハッター」が白地がCDDA、グレーに近いダーク・ブルーなのがCCCDである。通信販売では、製造国EU、発売元UKとせざるをえないから、先ほどの型番で区別するしかない。「7-24387-36762」の表示が「買い」のサイン。オリジナルUK盤が2種存在し、流通量のマッピンングによって、どちらをUK盤・EU盤と称するかが決まりそうだ。Peter Hammillの公式サイトであるSofa Soundから買った人はCDDA盤だったとの証言を多数聞いているので、地元UKでも混乱があるかもしれない。ただ、この作品がCCCDと・CDDAの人気投票になれば面白いデータが欧州記録として残るだろう。価格とフォーマット、どちらが選ばれるのか、日本盤はCCCDになるが、見物である。また、東芝EMIの紙資料による発表では、リイシューは国内盤のみ独自の紙ジャケ仕様が決定したことを伝えられた。最後に、ここだけの話だが、連休明け以降に音楽ライターらに配布される「プレゼント」のサンプル盤はCDDAになる。筆者のひっかけ取材に対して責任者が思わず、口を滑らした。罪作りなものである。

Posted by: ジアゼパム | 2005.05.03 at 12:05 AM

ジザゼバム様、貴重な情報ありがとうございます!

私のところへAmazonでの予約から届いたのはCDDAでした。Amazonだったら思いがけずCCCDが来たときには問答無用で返品できるので、安心して予約入れられますよね(笑)。

しかし、配布サンプル版だけCDDAにするなんて・・・。東芝EMIよ!、いつから君はそんなに腐ってしまったのだ!

Posted by: MAL | 2005.05.03 at 01:14 AM

ジアゼパム田中竜がネットで違法音源売っているのはあんたも関係してんの?  
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/diazepam127?    フィズ・コーポレーション本店

Posted by: SUZUKI JIMMY | 2006.01.17 at 03:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/3884561

Listed below are links to weblogs that reference [CCCD]世界中で悲嘆と怒りが:再結成Van Der Graaf Generatorの新譜:

« 山内規子:5/19発売の「サクラミステリー」から3号連続掲載 | Main | これぞ「なしくずしのお手本」だな:容疑者DNAのデータベース化 »