« May 2005 | Main | July 2005 »

7 posts from June 2005

2005.06.18

Musical Baton(ミュージカル・バトン)

hello nicoさんからミュージカル・バトンを受け取りました。これはブロガーの間で決まった質問にそれぞれ答え、その後バトンを5人に人に渡すという遊びです。

う~ん、とりあえずいってみましょうか。

●Total volume of music files on my computer :(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
約450G

半分くらいは手持ちCDをReaPlayerに入れてある分。でもメインのエンコードはReal64Kで、大体5万曲くらい。
あとはBitTorrentで取得中の音源。いろんなアーティストのライブ音源とかブート音源ですね。
その他、カセットなどアナログ音源をCD化する途中のWAVファイルとか、その編集中のとか。
PCでFMエアチェックしたWAVファイルとか。

●Song playing right now : (今聞いている曲)
positive thinking / 堀川ひとみ

ほとんどどなたも知らないと思うんですが(笑)。自主制作CDシングルだし。
私も昨日まで知らなかったのですが、レコミュニで配信されたのを聴いて一発でハマリました(笑)。まるでアニメソングみたいなカッ飛んだノリの曲ですが、伴奏の跳ねるベースも、ダビングされた3人娘ボーカルも、バカバカしくもリズムにぴったりはまった歌詞もみんな素晴らしい。今のところ、今年最大の発掘曲。

アーティストサイト
http://hitomisings.web.infoseek.co.jp/index.html

堀川ひとみのデジオ、「堀川式Ohデジオ!!」
 http://easy.dedio.jp/home/hitomising/

今日はイベント、「音楽の祭日」というのに出かけて、堀川ひとみ参加のデュオ、miu∽myu(みうみう)のライブを見てきたんですが、これもなかなか良かったです。またライブ行かなくちゃ。

●The last CD I bought : (最後に買ったCD)
シャ・リオン / エリ PONY CANION PCDL-00002

CDシングルです。中古。
エリというのは河井英里さんのことで、「青に捧げる」というミニアルバムの出来が素晴らしいです。このアルバムはプログレ系フィメールボーカルファンの方も納得のクオリティだと思います。

でその河井さんが「ワーズワースの庭で」というフジテレビ系番組の主題歌を歌ったものがこの「シャ・リオン」です。
とまあ、そういう曲もあるんだ、と知って探したらちょうど見つかった、と。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me :(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
・Lemmings (Including Cog) / Van Der Graaf Generator
 中学生の時に、分からないのを無理矢理繰り返し聴いて知恵熱を出した記念すべき曲。
 今聴いても本当に強烈で、頭の中がぐるぐるします。VDGG全曲中でもトップクラスに好きな曲です。

・T MARCH / グンジョーガクレヨン
 日本のパンク、ニューウェイブの中ではグンジョーがかなり好きでした。でも私の場合、ライブの即興より1stアルバムの方が好きでした。この1stはアナログ買って、予備のアナログ買って、WAXからの再発CD買いましたが、今度のPASS再発でまた買っちゃいそう。

・Proclomation / Gentle Giant
 Gentle Giantというバンドもなかなか馴染めなくて、3枚目に買った「The Power And The Glory」で初めてハマリ始めたのでした。中学3年の時に、新宿の複数レコード店合同バーゲンフェアで買ったのかな? 

・Music for 18 Musicians / Steve Reich
 FMでエアチェックして聴いたのが中学3年の時だったか。当時プログレを漁りまくっていた身としては、1曲27分なんて曲がクロスオーバーイレブンでオンエアされた日には、「もしかしたらプログレかも・・・」と録音せずにはいられなかったのでした。この時ミニマルミュージックとの邂逅を果たし、現代音楽にもようやく馴染むきっかけを掴んだのでした。

・暗い眼をした女優 / 浅川マキ
 大学時代に聴き始めて、その後私の音楽観に大きな揺さぶりを掛けた歌手、浅川マキ。
 当時友人が下宿に来る度、「これはスゴイよ!」と無理矢理聴かせていたのを思い出しました(笑)。


●Five people to whom I'm passing the baton :(バトンを回す5人)

堀川ひとみ様 http://blog.livedoor.jp/hitomisings/
 お会いしたばかりでなんですが、よろしかったらお願いします。

プログレッシブな日々様 http://blogs.dion.ne.jp/19blog61/
 ROM読者なのに回してすみません。お会いしたことがあるということでお許しを。

hidemusicblog様 http://hidemuzic.typepad.com/hidemuzicblog/
 とっくに回ってきて終わられたか辞退されたかなのでは・・・とビクビクですが、いかがでしょうか。

kind of blue様 http://okb.cocolog-nifty.com/kindofblue/
 ほぼROM読者なのにすみません。よろしかったら是非お答え知りたいです。

owner's log様 http://blog.livedoor.jp/memorylab/
 恐らくは多忙でそれどころじゃない、のだろうと思いつつ、まだエントリがないのでダメもとでお願いしてみます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.06.17

またも指紋押捺を強制する気?:旅券ICチップに指紋情報を要求する公安委員長

昭和30年から平成4年までの間、外国人登録法という法律においては、指紋押捺を法的に強制してきた歴史があります。人権擁護の立場から多くの人が地道な反対運動を続け、ようやく廃止にすることが出来た条項でした。

それをどうやら、ICカードとからめて復活させようとしている人がいるようですね。

旅券ICチップに指紋登録、国家公安委員長が要請(読売新聞)

 村田国家公安委員長は17日の閣議後会見で、パスポートに来年3月から導入されるICチップに指紋情報を登録するよう、閣僚懇談会で町村外相に要請したことを明らかにした。

 村田委員長は会見で、自民党が15日、指紋情報入りのICカード携帯を在留外国人に義務付けることなどを含む提言をまとめたことを受け、「まず日本人がやることで、外国人にも『お願いできますか』となっていく」と述べ、日本人の指紋情報登録の必要性を強調した。
(2005年6月17日14時14分 読売新聞)

国家公安委員長「パスポートに指紋情報を」(Nikkei)

 村田吉隆国家公安委員長は17日、閣議後の記者会見で、治安対策の一環として「パスポートに指紋情報を入れるべきだ」と述べた。

 村田委員長は「外国人登録の指紋押なつ制度は廃止になったが、(指紋などの)生体認証が必要な時代に入っている。日本人がやれば外国人もということになる」と、将来は日本に住む外国人も生体認証の対象にすべきだとの認識も示した。

 また「パスポート偽造の技術は進んでいるが、一番破られにくいのが生体認証。来日外国人の出入国管理にも生体認証が必要」と述べた。 (14:01)

日本弁護士連合会は、指紋押捺廃止を求める宣言として1985年に下記のような表明をしています。
外国人に対する指紋押捺制度に関する決議

改正が成った際の法改正内容は下記で参照できます。
外国人登録法の一部改正について(法務省)

30年以上も多くの人が戦い続けて勝ち取った成果を、10年もしたらまたも元に戻そうとしているとは・・・。

それにしても、「生体認証が必要な時代に入っている」とはなんたる発言。
見事なまでに、意図的にそうした危険な社会を育てて来た側の論理が透けて見えるようです。
要するに、何がなんでも全国民を管理したくてしたくて仕方がない、ということのようですね。

ヤダヤダ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ムリに住基カードを使おうとするのは危険でしょう

予想通りというか、当たり前というか、相変わらず誰も使ってくれない住基カードの話題。

住基カード:進まぬ住民票の自動交付機設置 普及低迷で悪循環(毎日新聞)

「税金のムダ遣いもいい加減にしろ!!」っとまずは反応したくなるが、コワイのはこの部分だと思う。

 自動交付機の導入が進まない現状について、総務省市町村課は「住基カードを使う場所があまりないから利用が少ないという悪循環が生じている」と分析しながらも、「自動交付機に限らず利用メニューを増やせば便利さが実感できる。そのためにも住基カードの多目的利用を推進したい」と訴える。

一度導入してしまうと、「使うのを止める」という選択肢はなかなか選びにくいモノになる。しかも公務員だから、上司に廃止を提案、というのも難しかろう。

するとどうなるかというと、「今までの投資を無駄にしないためにも、多目的利用を推進するしかない」という論調が必ず生まれてくるだろう。そもそもが、導入時には「一定目的外の使用は禁止するから安全」という話だったのでは?

なし崩しに住基カード<=>個人情報<=>ICカード<=>企業マーケティングと繋がる様が目に見えるようで、ここに納税者番号制度を加えて、ついでにICタグ<=>監視カメラ<=>携帯電話などを組み合わせれば、大多数の日本人は政府から丸見えな状態になるに違いない。

そもそも、住基ネットなどというものへのシステム投資自体が間違っていたのだ!
止められなくなった公共工事の例を振り返っても、一端始めた仕事は、仮にそれが間違いでも辞められないのが役人というものではあるが、あとになって、「税金を無駄にしないためにも多目的利用を」などと言い出さないように、今から釘を刺しておく必要がありそうだ。

住基カード: 進まぬ住民票の自動交付機設置 普及低迷で悪循環

 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の住基カードを活用した、住民票の写しなどの自動交付機の設置が進んでいない。背景には住基カード発行の少なさと多額の導入経費があり、東京都昭島市は今年9月までに予定していた導入を当面見合わせる方針を決めた。既に設置した区でも利用が低迷しており、住基カードを鍵代わりに使い、住民票などを受け取る電子ロッカー方式をとる新しい動きも出てきた。【木村健二】

 ◇便利さにもぬぐえぬ不安

 ■少ない市民の需要

 自動交付機による住民票や印鑑登録証明書の発行は、総務省が推奨している住基カードの多目的利用策の一つ。各市区町村が独自に導入を図り、身近な自動交付機で夜間や休日でも住民票の写しなどを受け取れる。総務省の04年度末のまとめでは、都内で住基カードを使った自動交付機を導入しているのは7区で、多摩地域と島部はゼロ。

 昭島市は13日の6月定例市議会で、今年9月までに自動交付機の導入を想定していた住基ネット適正管理条例の改正案を提出した。04年度末の住基カード交付枚数は772枚(交付率約0・7%)で、1台の導入に約1500万円はかかるとみられる経費に見合う需要が見込めず、「検討期間が必要」と判断した。

 住基カード交付枚数が8241枚(同1・3%)と全国5位の江戸川区は03年12月から、6300万円をかけて区内9カ所に計10台の自動交付機を設置した。導入後も保守管理費などで年間4000万円が必要だが、発行数は今年5月までの1年半で住民票類が4615枚、印鑑証明が5172枚にとどまる。同区地域振興課は「PR不足の面もあり、まだ区民によく知られていない。普及が進むように努力したい」と話す。

 ■電子ロッカーも登場

 自動交付機の導入状況が芳しくない中、東村山市は5月10日から住基カードを使い、電子ロッカーで住民票などの受け渡しを行うサービスを始めた。導入費用3000万円を総務省の外郭団体「地方自治情報センター」から全額補助されたパイロット事業で、全国初の試みだ。

 電子ロッカーは市内4カ所の公民館に設置された。利用の申し込みは電話かファクスで行い、夜間や休日でも住民票の写しなど計9種類の証明書類を受け取れる。

 ただ、14日現在の住基カード交付枚数は1477枚で、このうちロッカーの利用登録者は11人だけ。6月13日までの利用件数は1件しかない。それでも同市情報推進課は「市民にとって便利なことは間違いないので、時間をかけて育て上げたい」と強調している。

 ■税金の無駄遣いか

 自動交付機の導入が進まない現状について、総務省市町村課は「住基カードを使う場所があまりないから利用が少ないという悪循環が生じている」と分析しながらも、「自動交付機に限らず利用メニューを増やせば便利さが実感できる。そのためにも住基カードの多目的利用を推進したい」と訴える。

 一方、住基ネットに詳しい園田寿・甲南大法科大学院教授(情報法・刑法)は「国民が住基ネットに漠然とした不安を抱いている証拠。住民票の写しなどは住基カードがなくても受け取れるので、高額な機器の導入は税金の無駄遣いになる」と指摘している。

東京都
http://www.metro.tokyo.jp/

総務省
http://www.metro.tokyo.jp/
 2005年6月16日

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.06.16

半端じゃないヤバイ法律:共謀罪 今国会で審議か?

郵政民営化も道路公団民営化もミサイル防衛も相手にならないくらいヤバイ法律、共謀罪を今国会で通そうとしているらしいという情報が。

天木直人のホームページ 
希代の悪法「共謀罪」が成立する!

「北朝鮮には自由がない!」なんて他人事な話じゃなくて、一瞬にして日本が管理国家にされてしまうというレベルのヤバサです。

新聞社ウェブではヤバイニュースは夜中に出る、というのと一緒で、権力側に都合の良い法律は、盛大な目くらましの裏でひっそり進められているのでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

わいせつコミック裁判:二審判決

2004.01.13に書いた、20年ぶりのわいせつ裁判の2審判決が出ました。

漫画のわいせつ性めぐる裁判、二審も有罪 罰金刑に(朝日新聞)

わいせつコミック裁判というエントリでもご紹介した「わいせつコミック」裁判―松文館事件の全貌!を読んでいただければと思いますが、これは相当に無理矢理で不当な裁判に思えます。

表現内容自体を法律がらみで縛ろうとしつつ、コンテンツ立国などというスローガンを掲げるのは明らかにヘン。
「えーでも青少年に有害なものはやっぱり規制しないとダメなんじゃ・・・?」と思われる方も少なくないと想像しますが、そう思われた方は是非前節でご紹介した本を読んでみてください。こんな不当な裁判がまかり通るようでは、今後私たちは警察にも司法にもまったく信頼を置くことが出来なくなります。

いや、とっくに信頼なんて出来なくなってるよ、という方がいらっしゃったら申し訳ありません(笑)。

弁護士山口貴士大いに語るさんが判決文をクリップしてくださっています。

関連URL
■ 松文館裁判
■ 連絡網 AMI Web
■ 報道資料/松文館事件一審「冤罪」判決
■ 松文館ホームページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.15

自衛隊法改正:ミサイル防衛導入へ

郵政民営化のごたごたは、裏でいろいろ法改正するための目くらましなのでは、と思えてきた。反対派の意見も、段々と「郵便局を守ろう!」みたいな感情論がニュースで伝えられる内容になってきているが、このあたりも実際はかなり情報が取捨選択されているのかな・・・。

衆院:自衛隊法改正案、与党の賛成多数で可決(毎日新聞)

 衆院は14日の本会議で、弾道ミサイルをミサイル防衛(MD)システムで迎撃する手続きを盛り込んだ自衛隊法改正案を一部修正のうえ、与党の賛成多数で可決した。法案は今国会で成立する見込み。民主党はMD導入については賛成しているものの、ミサイル飛来時の国民への公表や迎撃後の国会の「事後承諾」規定を法案に盛り込むよう求め、与党が拒否したために反対に回った。
毎日新聞 2005年6月14日 22時15分

同じ頃、こんなニュースも。
やはり国民保護法という名の、これは戒厳令?

福井の原発にゲリラ攻撃想定 国民保護法の実働訓練(朝日新聞) 2005年06月14日13時11分


 政府は14日、国民保護法に基づく、初めての実働訓練を11月末に福井県で行うと発表した。同県内の原発がゲリラの攻撃を受けたという想定。村田防災相が同日の閣議に報告した。10月には全都道府県に参加を呼びかけて、図上訓練も行う。

 実働訓練は、国や県、周辺市町村の職員のほか、放送局や医療機関、運送業者らの指定公共機関、警察、自衛隊など1500人規模で行う。周辺住民にも市町村を通じて参加を呼びかける。

 福井県の関西電力美浜原発がゲリラの攻撃を受け、放射性物質が周辺に影響を与える恐れが出た、という設定。国が現地対策本部、福井県が対策本部をそれぞれ設置。関係機関と協力して住民の避難指示や誘導を行う。医療機関による放射能漏れに対応する医療の提供、警察による交通規制なども訓練する。

 このほか10月末に行う図上訓練では、全都道府県が参加して、連絡体制の整備を目指すという。

 国民保護法に基づき、都道府県は05年度中、市区町村は06年度中に住民の避難方法などを定めた「国民保護計画」を策定することになっている。


| | Comments (1) | TrackBack (2)

2005.06.01

容疑者DNAのデータベース化 続報

4月27日にこれぞ「なしくずしのお手本」だな:容疑者DNAのデータベース化という記事を書きましたが、早くも次の動きが。しかし毎回の事ながら、こうした危なくもアヤシイ、おそらくは当事者からの公式発表をそのまま流しているだけに思える新聞記事って、なぜか夜間に出るんですよね(笑)。

容疑者DNA情報、データベース化へ 有識者会議で賛同(朝日新聞)

なんかかなりアヤシイ気がします。

・有識者会議って、誰が構成している会議なんだろうか?
・そもそも、当日発足した有識者会議ってなんなんだろうか?
・有識者会議の賛同が得られたことが、一体どのくらいことを正当化出来るのだろうか?

さらに気になるのは以下の部分。

 データベース化される型情報は、鑑定方法が整った03年8月以降のもので、今年4月現在で容疑者からと現場からの計約3000件。容疑者の罪種は定めず、どのような犯罪でも捜査の過程でDNA鑑定が必要と認められれば、裁判所の身体検査令状と鑑定処分許可状をもとに採取、蓄積する。採取は主に血液を注射で抜き取り、口内の粘膜を取る方法もあるという。

「容疑者の罪種を定めず」ってことは、警察自身が「必要だ」と言い出せばなんでもアリ、という極めて危険な条件ではないのだろうか?

そういえば、しばらく前に「盗撮」を禁止する法律も出来たんだか出来そうなんだかという話があった。当然そんな法律が出来れば、さっそく街にばらまきを続けている監視カメラを撤去してくれないことには辻褄が合わないのだが、多分警察にはその気はないでしょう。みんなが「この監視カメラは私の許可無しに撮影している盗撮カメラである」と言い出さない限り。

こんな状況が続いている中で、こうした状況自体を推進している人々が中心になっての憲法改正など、危なすぎてどうしようもないよなあ・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »