« ムリに住基カードを使おうとするのは危険でしょう | Main | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »

2005.06.17

またも指紋押捺を強制する気?:旅券ICチップに指紋情報を要求する公安委員長

昭和30年から平成4年までの間、外国人登録法という法律においては、指紋押捺を法的に強制してきた歴史があります。人権擁護の立場から多くの人が地道な反対運動を続け、ようやく廃止にすることが出来た条項でした。

それをどうやら、ICカードとからめて復活させようとしている人がいるようですね。

旅券ICチップに指紋登録、国家公安委員長が要請(読売新聞)

 村田国家公安委員長は17日の閣議後会見で、パスポートに来年3月から導入されるICチップに指紋情報を登録するよう、閣僚懇談会で町村外相に要請したことを明らかにした。

 村田委員長は会見で、自民党が15日、指紋情報入りのICカード携帯を在留外国人に義務付けることなどを含む提言をまとめたことを受け、「まず日本人がやることで、外国人にも『お願いできますか』となっていく」と述べ、日本人の指紋情報登録の必要性を強調した。
(2005年6月17日14時14分 読売新聞)

国家公安委員長「パスポートに指紋情報を」(Nikkei)

 村田吉隆国家公安委員長は17日、閣議後の記者会見で、治安対策の一環として「パスポートに指紋情報を入れるべきだ」と述べた。

 村田委員長は「外国人登録の指紋押なつ制度は廃止になったが、(指紋などの)生体認証が必要な時代に入っている。日本人がやれば外国人もということになる」と、将来は日本に住む外国人も生体認証の対象にすべきだとの認識も示した。

 また「パスポート偽造の技術は進んでいるが、一番破られにくいのが生体認証。来日外国人の出入国管理にも生体認証が必要」と述べた。 (14:01)

日本弁護士連合会は、指紋押捺廃止を求める宣言として1985年に下記のような表明をしています。
外国人に対する指紋押捺制度に関する決議

改正が成った際の法改正内容は下記で参照できます。
外国人登録法の一部改正について(法務省)

30年以上も多くの人が戦い続けて勝ち取った成果を、10年もしたらまたも元に戻そうとしているとは・・・。

それにしても、「生体認証が必要な時代に入っている」とはなんたる発言。
見事なまでに、意図的にそうした危険な社会を育てて来た側の論理が透けて見えるようです。
要するに、何がなんでも全国民を管理したくてしたくて仕方がない、ということのようですね。

ヤダヤダ。

|

« ムリに住基カードを使おうとするのは危険でしょう | Main | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »

Comments

一つだけ、コメントさせてください。
韓国では外国人登録時に指10本分の指紋を取られます。外国人ということではなくて、国民全員ですけどね。なぜかというと、やはり北朝鮮からのスパイを警戒してのためです。停戦中とはいえ、一応戦争を継続している国ですから、韓国国民の安全のためには必要と考えているのでしょう。
さて、日本においては、最近外国人の犯罪が増えています。特に中国人が目立ちますね。そのため、やはり指紋の登録は必要という意見が増えてきました。日本国民の安全のためです。
ちなみに、在日韓国朝鮮人の方々は、指紋は免除らしいです。

Posted by: bow | 2005.06.18 at 07:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/4594282

Listed below are links to weblogs that reference またも指紋押捺を強制する気?:旅券ICチップに指紋情報を要求する公安委員長:

« ムリに住基カードを使おうとするのは危険でしょう | Main | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »