« 多忙に付きクリップのみにてあしからず | Main | お金を出さないと働けなくなる:障害者自立支援法案 »

2005.07.13

「共謀罪」衆院で実質審議開始

「共謀罪」衆院で実質審議開始 与野党の修正要求相次ぐ(朝日新聞)
  2005年07月12日22時35分

それにしても、どうして本当にこういうジャンルのニュースは夜中にアップされるのか?
明日の朝になって、目立つ部分に残っているかどうか、ぜひ確認したい。

さあ、本当に審議が始まってしまいましたよ。この記事で紹介されている部分だけでも、しかし理屈にならない酷い答弁だなあと思いますが、何しろ国会答弁が如何に悲惨でも、一旦法案が通ってしまえばそんなの知ったこっちゃない、という姿勢で運用を始めるのは目に見えています。

修正要求が相次ぐ、というのも見方によっては問題で、「こんな法律は作ってはいけない!憲法違反である」という意見が出てもおかしくありません。

とにかく要注目!
本当にこの法案はヤバイ!!!

その他、共謀罪に関するblog情報として以下のような場所もあります。
どうか、ご自身で実際の法案内容を吟味し、この法律が成立しても、まだ日本国内で生活していきたいかどうかをご検討下さい。

共謀罪のトラックバックセンター踊る新聞屋-。

「共謀罪」衆院で実質審議開始 与野党の修正要求相次ぐ

 犯罪行為をしようと話し合っただけで、実際には誰も行動しなくても罪に問われる「共謀罪」を設けることを盛り込んだ組織的犯罪処罰法の改正案などが、12日の衆院法務委員会で実質審議入りした。共謀罪があてはまる罪は、615種にのぼることが政府答弁でわかり、与野党双方から法案の対象が広がりすぎるとして、修正要求が相次いだ。

 ■組織的犯罪

 「条約批准は必要だ。だが共謀罪の規定は条約と範囲が違うのでは、という疑いをぬぐえない」

 口火を切ったのは自民の早川忠孝議員。

 共謀罪を設ける根拠の「国境を越えた(越境的)組織犯罪の防止に関する条約」では、同罪の要件に「組織的犯罪集団が関与するもの」という制限をかけられるとしているが、法案では明文化されていない。

 これに対し法務省は「一般の市民団体や労働組合、会社には適用されない」と繰り返した。

 「ならば懸念をぬぐうために、組織的犯罪集団の行為に限定すると直したらどうか。その方が安心する」と公明の漆原良夫議員がただすと、法務省は「法案の要件は厳格と考えるが、一般の方々にはわかりにくいことも理解している」と答えた。

 ■準備行為

 「ある集団が殺人の共謀を重ね、でも最後には話し合ってやめた。それでも共謀罪の対象か」。民主の津川祥吾議員が尋ねた。その答弁は「対象になる」。

 これに対し、与野党の議員たちは、「憲法が保障する思想の自由に触れる恐れがある」として、少なくとも「何らかの準備行為があったこと」を条件に加えるよう求めた。

 ■越境性

 条約の趣旨はもともと越境的な組織犯罪を防ぐことにあった。しかし共謀罪があてはまる615の罪の中には、消費税法や道路交通法なども含まれている。漆原議員は「悪く言えば、国際性の名を借りて、国内の処罰対象を広げたという批判もある」と追及した。

|

« 多忙に付きクリップのみにてあしからず | Main | お金を出さないと働けなくなる:障害者自立支援法案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/4948514

Listed below are links to weblogs that reference 「共謀罪」衆院で実質審議開始:

» 『「治安国家」拒否宣言 「共謀罪」がやってくる』 [右近の日々是好日。]
 こんばんは。今日は、斎藤貴男・沢田竜夫編著『「治安国家」拒否宣言 「共謀罪」がやってくる』(晶文社、2005年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  この本は、斎藤貴男氏へのインタビューで始まり、法律家の解説、ジャーナリストによる体験的ルポ、活動家の手記、刑法学者による思想的考察という流れをたどり、最後は戦後史論的デモ・広場考で締められます。  斎藤氏へのインタビューでは、まず、共謀罪という二人�... [Read More]

Tracked on 2005.07.15 at 10:08 PM

» 猟犬はもうあなたの横にいる [恵比寿法律新聞]
偽ブランド店:知りながら賃貸した女2人、書類送検 大阪 「調べでは、2容疑者は東 [Read More]

Tracked on 2005.08.03 at 10:32 PM

« 多忙に付きクリップのみにてあしからず | Main | お金を出さないと働けなくなる:障害者自立支援法案 »