« まるでblogのエントリみたいな新聞社説 | Main | 音楽配信に関するアンケート第二回 »

2006.03.23

ファシズムとして扱うべし

「国会は全面禁煙を」 禁煙推進議連が申し入れへ(朝日新聞)などという記事が出ていたので読んでみたが、アホらしいが同時に恐ろしい。これは今日本の各所で進行している(意図的に仕組まれた)変化の一角に過ぎないだろう。

 自身も禁煙をした綿貫会長は「世間で禁煙ムードが高まっているのに、立法の府である国会が範をたれなくてどうするか」と訴えている。

アホか! 立法の府である国会が、世間のムードに流されてどうするよ。

で私としては当然「禁煙ファシズムと戦う」を思い出したので、今日どこかで見かけたような気がした「PSE ファシズム」というキーワードでググってみました。

で見つけた中に、
政治的天才に翻弄されるな(不条理日記 さん)がありまして、「そうか。『これが民意だ』というのが政治家にとっては一番都合がいいんだな」と今更ながら思ったわけです。

要するに都合の良いときだけ「民意だ!」と言ってればいいわけで、その証拠にその気がない改革ではいくら民衆が騒いでも無視でしょ?(笑)

労働者が狙われる(あめ男のブログ さん)というエントリによれば、アメリカの年次改革要望書では、日本労働市場のさらなる流動性増加を要望しているらしいです。なるほど。つまり、あとしばらくして日本企業を外資が買収していったときに、自由にクビを切れない社員を一掃しておこう、ということですね。まったく・・・・。「派遣社員ってカッコいい!」みたいな風潮を作ってきたのは誰でしょう? みんな共犯ですね。

まあこういう風潮が加速してきたのには、労働組合側の怠慢もあると思います。組合というものが生まれた頃は、思想的にもはっきりしたものがあったのでしょうが、春闘とかが年中行事化してしまい、ある意味既得権益団体化してしまったのではないでしょうか。難しいですね。

アメリカからの年次要望書には「著作権期間の延長」が盛り込まれているのは、著作権関係ブロガーの間ではよく知られたことですが、これだってディズニーとかハリウッドの商売のためですよね。実際、こうしたアメリカ的価値観を子供に植え付けることが出来る企業というのは、世界中に派遣された洗脳部隊みたいなもんですからねえ。そりゃ国を挙げて保護したいでしょう。そういう意味では、折角日本という国に生まれた幸運を得ながら、わざわざ千葉の東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオあたりまで出かけて行って貴重なお金と時間を使うなんて、なんてまあもったいないんでしょ(笑)。

ようやく新聞社説などでも「ダメじゃん」な論調の記事が増えてきたPSE問題だって、アメリカの年次要望書に沿った動きなんである。要は海外電気製品の輸入を簡単にしろ!、ってことなんですけどね。ところが何を勘違いしたのか経産省が「中古も対象」とか今年になって言い出したもんだから騒ぎになっているんです。果たしてこれがあらかじめ用意されたシナリオなのかどうかは分かりませんが、既に3権分立も無視、事実歪曲の新聞広告(って、これ悪質なプロパガンダですよね?)とくれば、これはもうファシズムの兆しじゃなくって本番大好評進行中ですってば。

折しもそんな今日、還流盤防止と言いながら、「洋楽だけど原盤権日本だから~」てな論旨で申し立てしたClementineの輸入禁止申し立て受理などという噴飯ものの出来事が。てめーら、なし崩しに物事を進めようとするんじゃねえよ! 自社のカタログで洋楽に分類しておきながら、権利的には邦楽とイッショデースとか言って自由貿易の原則を曲げるんじゃねえよ。

あわよくば、と思って申し立てするレコード会社はまだしも、法の趣旨を無視した申し立てを通す税関も税関だし、それを監督してるはずの文化庁は何をやっておるのだ!

・・・などなど、今日まな板にのせたこうした問題達は、それぞれ繋がっているのだと思います。
だから、PSE反対デモに出かけるのも、共謀罪反対の署名をするのも、「知的財産推進計画2006」の策定に向けた意見募集」に色々書いて叩きつけるのも、みんな繋がった行動なんです。

みんなで頑張って、とりあえず死なずに生き残り、家族友人を失わず、音楽や文学や美術などを自由に楽しみ、人を殺さず、人に殺されず、生きていけるようにしないとね。

|

« まるでblogのエントリみたいな新聞社説 | Main | 音楽配信に関するアンケート第二回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/9216280

Listed below are links to weblogs that reference ファシズムとして扱うべし:

« まるでblogのエントリみたいな新聞社説 | Main | 音楽配信に関するアンケート第二回 »