« プレイリストを作ってそのまま人に聴いてもらえるFinetuneを試してみた | Main | CD交換サービスdig-log 5/8に正式オープン »

2007.04.26

VPNクライアントをインストールする危険な香りのSound Portal Player

手持ちのMP3音源から携帯向け音源が作れるというSound Portal Playerというものがあるらしいので試そうと思った。

調べてみると、こんなサイトがあったのだった。

Sound Portal

http://soundportal.jp/

手持ち音源を公開して仲間を見つけるコミュニティーとしてはmogというのがあって、ここもHDD内の音源からコレクションを公開する機能を持ったソフトを提供している。

ただSound Portalにはいくつか気になる点があった。

まず「30日間無償」のプレーヤー、その後ライセンスキーをいくらで販売しているのかが書かれていない。これはネットではかなり例外的だと思う。まあ詐欺ではないだろうとは思いつつも、価格も知らずにトライするのはためらわれる。

まあそれでも試しにと会員登録してプレーヤーをインストールしてみた。するとインストール中にネットにアクセスする。まあ昨今そうしたソフトは珍しくはないが、問題はアクセス方法にあった。このプレーヤー、なんとSoftEther社のPacketiXを使っていたのだ。

PacketiXはVPN構築ソフトである。通常は、会社のネットワークと自宅のPCを繋ぐとか、離れた2拠点のLAN同士を接続するなどの用途で使用する。つまり、こちらも相手も身内、という場合に行う通信方法なのである。たかがPC内の音源ファイル管理ソフトがVPN通信を必要とする訳がない。もちろん、VPN経由でもサーバーとの通信は出来る訳だが、そこまでする必然性がないはずである。

VPNに接続するということは、相手からもこちらがお隣さんになる、ということを意味する。なぜ、たかが音楽プレーヤーソフトを使うために、提供元の会社を自分のPCのお隣さんにしてやる必要があるのか。そんな必要はないに決まっている。

FAQをもう一度見直してみると、「Q4.   インストールができないのですが?」のセクションに、一部関連する記述があった。

[3]インストール前に既にVPN通信が設定されているPCでは、インストールできない場合があります。

既存のVPN通信が必要なければ、それを停止するかソフトのアンインストールを行った後、再度インストールしてみてください。

VPNに関する記述はここだけのようだ。結局、なぜそんな通信方法を必要としているかについては全く記述がない。こうなると、次はスパイウェア疑惑になってくる。一体このソフトを入れると、どんな情報が外に出て行くのか、またVPN通信回線を開いて、一体サーバーからどんな情報が送り込まれてくるのだろうか。

想像するに、「携帯電話から自宅のPC内の音源が聴ける!」という機能を実現するのに使っているんだろうけど・・・。ただ、もうちょっとこの通信の仕組みと通信内容について説明してくれないと、そう簡単にはお任せする気にはなれない。

Sound Portalを運営しているのは株式会社リテールコムというところで、株式会社ゲオ株式会社インデックス・ホールディングスが株主になっている。なるほど。CDレンタルチェーンと携帯向けコンテンツ会社が関係している訳だ。

せっかく日本にも音楽ファン同士を結ぶコミュニティが新しく出来るか!?、と期待したのだけれど、こんな怪しいソフトを提供しているところじゃ見送りだなあ。インストールするのに覚悟を必要としすぎるよ、これ。

あ、ところで会員登録したら値段は分かりました。

年間で1980円だそうです。

高いよ(笑)。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« プレイリストを作ってそのまま人に聴いてもらえるFinetuneを試してみた | Main | CD交換サービスdig-log 5/8に正式オープン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VPNクライアントをインストールする危険な香りのSound Portal Player:

« プレイリストを作ってそのまま人に聴いてもらえるFinetuneを試してみた | Main | CD交換サービスdig-log 5/8に正式オープン »