« 18歳と19歳はバカばかり | Main | ケイタイを捨てよう!:すでに端末移動情報までが警察システムに直結 »

2007.05.26

裁判員は事前思想調査でフィルタリングとの国会答弁

2006年の国会審議が、如何に横暴出鱈目非論理的与党強行状態で行われているかをしっかりレポートしてくれている保坂展人のどこどこ日記にて、またも驚愕の事実が明らかになった。

問題山積みのまま決まった裁判員制度だが、「くじで選ばれる国民の幅広い意見」を取り入れるのが目的だったはずが、事前面接の答えによっては検察が「忌避」の手続きを行い、理由を告げずに4人の候補者を排除できるようになっているというのである


裁判員制度の知られざる「罠」、裁判員面接で思想チェック
保坂展人のどこどこ日記

このやり取りは、「犯罪被害者の訴訟参加」を制度化する刑事訴訟法改正案の質疑の中で行われたものであるそうだ。こちらも論議を呼んでいる改正内容で、物理的証拠を冷静に判断する作業である裁判に私怨を持ち込むことになる危険が高いが故に、近代司法制度の根幹を揺さぶる内容である。

それはそれとして、裁判員候補の事前面接で、

検察側が「警察官」を証人として出廷される時に、裁判所に対して裁判員候補に対して「あなたは警察官の捜査を信用していますか」と質問させることが出来る。「いや、信用ならないですね」と答えると「公平な裁判が保障されない」と検察官が判断して最大4人まで理由を示さずに「忌避」の手続きを行うことが出来る

なんて事実は、議場にいた与党議員すら驚いたらしい。

警察を信用している国民ももちろんいるに違いないが、信用できないと思っている人もいるはずである。どちらが多いかはその時次第だろう。人間のやることだから、いつでも誤りの可能性はある。警察だって、裁判官だって、検事だって弁護士だって間違う。だからこそ、疑わしきは罰せずを鉄則とし、滅多なことでは裁きを下さないのである。

「人が人を裁く」という困難きわまりない仕事に一般市民(=素人)を駆り出す時点でそもそもムリがあると私は思うのだが、その上で事前フィルタリングする積もりだとは、タウンミーティングのヤラセと一緒ではないか。裁判をもヤラセ劇場の一員に引きずり落とす所行であると言えよう。

そこへ、雇用の当てもないままに近年粗製濫造された司法関係者がこれから加わってくるわけで・・・・。
これがスペクタクル社会というものだろうか?

|

« 18歳と19歳はバカばかり | Main | ケイタイを捨てよう!:すでに端末移動情報までが警察システムに直結 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 裁判員は事前思想調査でフィルタリングとの国会答弁:

» 思想統制のための極めて危険な道具 [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 山口母娘殺害事件が大きな影響力となり、この国会でただいま審議される被害者参加刑事訴訟制度。本日の保坂展人議員のブログ記事を読んで改めて恐ろしさを感じた次第です。保坂氏のブログでは、今まで「タウンミ...... [Read More]

Tracked on 2007.05.26 08:46 PM

» 警察を信用できない人は裁判員失格?!〜日本の [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
 裁判員制度では、検察側、弁護側が、裁判官が行った質問に対する裁判員候補者の回答を聞いたうえで、理由を示すことなく、その裁判員を失格させるシステムが導入される。このこと自体、偏見に満ちた選択をする可能性があるため、問題だと思うが、何と、さらに、考えられないような問題をはらんでいることが社民党・保坂議員の質問の結果、明らかとなった。  警察官が証人として出廷することが予定されている時に、裁判所に対して裁判員候補に対して「警察の捜査は特に信用できると思うような事情、あるいは逆に、特に信用できないと思う... [Read More]

Tracked on 2007.05.26 11:26 PM

« 18歳と19歳はバカばかり | Main | ケイタイを捨てよう!:すでに端末移動情報までが警察システムに直結 »