« Julia Marcell:ファイナル・カウントダウン!! | Main | 山内規子:「霊感動物探偵社」再開!!! »

2007.10.12

捨てられ始めるレコード会社

思えばこのblogでも、レコード輸入権問題、AllOfMP3を巡る訴訟、音楽配信、Sellabandのような新しいビジネスモデルの話題を取り上げて来ましたが、今年から来年に掛けて、既存ビジネススキームの崩壊は加速しそうです。

すでに各種ニュースでご存じの方も多いかと思いますが、本日のビッグニュースは、マドンナがレコード会社を離れてコンサートプロモーション会社との契約に切り替えたことでしょう。

そして壁は崩れはじめた―マドンナ、レコード業界を捨てる (TechCrunch Japanese)

アメリカでも遂に始まった本格的なレコード会社離れ (what's my scene?)

最近相次いでいる、レコード会社を捨て始めた大物達のニュース。

レディオヘッド、最新アルバムをネット限定で販売--価格はファンが決定(CNET Japan)

NINが永遠にレコード会社とおさらば(what's my scene?)

こうしたセールスの大きいアーティストがレコード会社を離れるとどうなるでしょうか? レコード会社は中堅~新人のアーティストで利益を出さざるを得なくなっていきますが、これは相当困難なはず。必然的に、レコード会社が抱えていられるアーティストの数がさらに減るでしょう。これまでも、CD販売不振の影響で中堅アーティストを切り捨ててきており、さらにレコード会社自身も人員削減されているはず。どんどん儲からないビジネスになっていくでしょう。

そうなれば、音楽産業自体が変化せざるを得なくなります。新人アーティストにとっても、メジャーとの契約に漕ぎ着けることの意味が変化するでしょう。そうなれば、ますます、例えばSellabandのように、直接のファンベースから資金を得てアルバムを作る、という動きは加速するでしょう。

デジタル音楽の行方」という本をご存じでしょうか? 約2年前に翻訳が出た本ですが、現実世界は徐々にこの本の予言に近づいていっているように思います。ここで提示されている「水のように安く、手ごろで、いつでもどこでも享受できるような「水のような音楽」」は実現するのか? その時には、少なくとも現在のレコード産業地図はかなり書き換えられていることでしょう。

ただし、リスナーに取ってのメリットはかなり大きいかも知れません。少ない予算で多くの音楽に触れられる可能性が大きいからです。ただし、過去に生み出されてレコードやCDで発表されてきた音源が、その時どれくらい流通するかは別問題ですが・・・。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« Julia Marcell:ファイナル・カウントダウン!! | Main | 山内規子:「霊感動物探偵社」再開!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 捨てられ始めるレコード会社:

« Julia Marcell:ファイナル・カウントダウン!! | Main | 山内規子:「霊感動物探偵社」再開!!! »