« 今年は何か結論が出るのか?:私的録音補償金 | Main | Julia Marcell : Sellabandからのアルバムリリース 5/14 »

2008.05.12

レコードジャケット、であれども

スコーピオンズ『狂熱の蠍団〜ヴァージン・キラー』がウィキペディア英語版から消える? (CD Journal)

なるほど。こんなところにも児童ポルノ法の余波が。
余波、というべきかどうか定かではないが、ここまで適用すべきものなのだろうか。

Virginkiller

上記がオリジナルジャケットのデザイン。発表当時、日本はオリジナルジャケットで発売できた数少ない国だったと思われる。ところが、日本でも現在は変更ジャケットになっているようだ。

Virginkiller2

こちらは贔屓目に見ても、せいぜいがベスト盤のジャケットデザインなレベルで、オリジナルデザインが持つ妖しいヤバさはまったくない。

スコーピオンズは物議を醸すジャケットがことの他好きだったロックグループで、色々な理由で片っ端から引っかかっている。

Taken_by_force

日本では問題にもならなかったこのジャケット、宗教的な理由で差し止め。墓場で殺し合い、というのがよろしくなかったらしい。

Lovedrive

胸にガム、というこのレベルでもダメだったようだ。

Animal_magnetism

上記は表ジャケットなので、なぜ問題になったかこれだけでは分からない。実は裏ジャケットでは犬が首を突き出しており、犬の顔は男の影になっている。それがフェラチオを連想させるのでダメ、という理由だったそうな。「In Trance」や「Virgin Killer」からすれば随分と間接的な進化を遂げたものだ(笑)。

こうして並べてみると、物議を醸すかもなあと思えはすれど、どれも即発禁になるような直截的な表現ではないと思う。歴史から抹消されるというレベルで排斥されている訳ではないけれど、内容も素晴らしい「Virgin Killer」と「Taken By Force」はオリジナルジャケットで存在し続けて欲しいものだ。

Scorpions Official Site
http://www.the-scorpions.com/english/

|

« 今年は何か結論が出るのか?:私的録音補償金 | Main | Julia Marcell : Sellabandからのアルバムリリース 5/14 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4605/41185839

Listed below are links to weblogs that reference レコードジャケット、であれども:

« 今年は何か結論が出るのか?:私的録音補償金 | Main | Julia Marcell : Sellabandからのアルバムリリース 5/14 »