« 文化庁の物言いが面白すぎる | Main | iPhone発売の日に寄せて:ケイタイからネットに接続するコワサを改めて »

2008.07.12

F. Paul Wilson : Jack: Secret Histories

毎年秋に新刊が出続けている、F・ポール・ウィルソンの"始末屋ジャック"シリーズだが、この度番外編が出た。並の番外編ではない。なんとウィルソン初のヤング・アダルトものだという。読んでびっくり! なんと登場するジャックがヤングアダルトな年頃なのだ!!!

なんとびっくり、ここに登場するジャックはハイスクール入学を控えたお年頃なのだ。
それだけで、本編をお読みの方ならお分かりだろう。こりゃ大変だ!

もちろんジュブナイルなので、文章も割合シンプルで、1983年のアメリカならではののどかな舞台ではある。とはいえ、ジュブナイルではありつつも、やはりウィルソンの作品世界全体に組み込まれた「秘密の歴史」のお話なので、それなりにハラハラドキドキ、ちょっと不気味。

巻末にて作者は「ジャックの物語は16〜7冊になる見込み(ヤングアダルトを除いて)」であることと、Secret History Of The Worldの物語は「大幅に改訂されるNightworldで完結する」とのコメントを書いている。

ジャックシリーズは最新刊の「Bloodline」で10作となっており、今年の秋には新作「By the Sword」が出る予定。まだ6年くらいは続く見込みらしい。


Jack: Secret Histories (Repairman Jack Novels)
Jack: Secret Histories (Repairman Jack Novels) (ハードカバー)

F. Paul Wilson (著)





|

« 文化庁の物言いが面白すぎる | Main | iPhone発売の日に寄せて:ケイタイからネットに接続するコワサを改めて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference F. Paul Wilson : Jack: Secret Histories:

« 文化庁の物言いが面白すぎる | Main | iPhone発売の日に寄せて:ケイタイからネットに接続するコワサを改めて »