« June 2008 | Main

4 posts from July 2008

2008.07.12

iPhone発売の日に寄せて:ケイタイからネットに接続するコワサを改めて

iPhone 3Gが発売され、日本各地で売り切れになったようだ。こうしたガジェットが生まれて広まることはまあ喜ばしい。ただしやはりまだ過渡期であり、料金は高いと思うけれど。

それはそれとして、有害情報規制とも実は繋がっているらしい、携帯電話契約者固有ID(個体識別番号)送信について、ぜひ下記の文章を読んでいただきたい。要は、現在日本の携帯電話からウェブサーバーに接続すると、その時契約者固有IDを送信するようになってしまっている、という話である。

日本のインターネットが終了する日(高木浩光@自宅の日記)

技術的な内容を含むので、ネットワークについて詳しくない場合はすんなりとは読めないかも知れないが、その場合は最低でも以下の節には目を通して欲しい。

・契約者固有ID送信時代の安全なケータイWeb利用リテラシ
・補足
で、iPhoneなんだが、ソフトバンクであるということは、やはり契約者固有IDは簡単には変更できないという仕様なのではないだろうか? うかつにネットにアクセスできないとすると、iPhoneの魅力も激減するのではなかろうか。ゲーム機&音楽プレーヤーとして使えばいいのかも知れないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F. Paul Wilson : Jack: Secret Histories

毎年秋に新刊が出続けている、F・ポール・ウィルソンの"始末屋ジャック"シリーズだが、この度番外編が出た。並の番外編ではない。なんとウィルソン初のヤング・アダルトものだという。読んでびっくり! なんと登場するジャックがヤングアダルトな年頃なのだ!!!

なんとびっくり、ここに登場するジャックはハイスクール入学を控えたお年頃なのだ。
それだけで、本編をお読みの方ならお分かりだろう。こりゃ大変だ!

もちろんジュブナイルなので、文章も割合シンプルで、1983年のアメリカならではののどかな舞台ではある。とはいえ、ジュブナイルではありつつも、やはりウィルソンの作品世界全体に組み込まれた「秘密の歴史」のお話なので、それなりにハラハラドキドキ、ちょっと不気味。

巻末にて作者は「ジャックの物語は16〜7冊になる見込み(ヤングアダルトを除いて)」であることと、Secret History Of The Worldの物語は「大幅に改訂されるNightworldで完結する」とのコメントを書いている。

ジャックシリーズは最新刊の「Bloodline」で10作となっており、今年の秋には新作「By the Sword」が出る予定。まだ6年くらいは続く見込みらしい。


Jack: Secret Histories (Repairman Jack Novels)
Jack: Secret Histories (Repairman Jack Novels) (ハードカバー)

F. Paul Wilson (著)





| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.10

文化庁の物言いが面白すぎる

“iPod課金”議論、振り出しに 権利者とJEITA、小委員会で激論(IT Media)

 文化庁の川瀬室長は、暗礁に乗り上げた議論を見て「困った。いったいどうすればいいのか」と頭を抱える。
最後まで読んできて、この部分でいきなり脱力(笑)。自業自得だろうに・・・。

そもそも、私的録音録画小委員会では、補償金のあり方について根本的な見直しを含め議論するはずだった。それを一貫してミスリードして来たのは文化庁なのである。この当然の状況を見て「困った」とは何たる物言いか。当事者意識がないのだろうか。それとも、単に自分達の思い通りにならない場合はすぐさま途方に暮れてしまうとでもいうのだろうか?

「パンドラの箱を開けてしまったようだ」,大荒れの私的録音録画小委員会(TechOn)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.05

レコミュニが突然の大リニューアル!!!

心底驚きました! 音楽SNSとしては古参のレコミュニが突然大々的にリニューアルしました。そしてまずはこちらも突然の東京アンダーグラウンド特集が組まれています。

ニュースリリースから紹介すると、

20080702版 (31アルバム 247曲)


今週は、 東京アンダーグラウンドシーンの音(オン)パレード!!! まずHip-Hopシーンからは、 "SHINGO2"との共演で一躍話題となった"Eccy"が主宰する「Slye Records
からの配信ラッシュです! Eccy特有の空間を感じるようなダークなトラックにのせて、
才能あふれる若きアーティストのリリックが絡み合う新次元ミュージック!! 次にパンク・ハードコアシーンからは、
時代の流れに飲まれず独自のスタンスで15年もぶっ飛んだバンドを紹介しつづけるレーベル、 「Less Than TV」のスプリット2枚が到着っ!
"DEEPSLAUTER"、 "SHIFT"、 "TIALA"、 "DODDODO"、 "Limited Express(has gone?)"というイイ意味でデタラメ(笑)なラインナップをみれば、 もはや何も言えまい。怖いものナシっ! そして[カフェ音楽シーン]アーティストが集結したコンピ「DUKES AND BIRDS」は、 コーヒーを飲みながらリラックスしつつ、 ちょっとウキウキしたりおセンチになったりできる名盤。そんでもって、 ベテラン勢も、 がんばっております。"Nirvana"に先駆けてシアトル・SUB POPを代表するバンドとして君臨するMUDHONEYが結成20年目の傑作リリース。ちょっとおバカでシニカルなガレージパンクは健在! 改めてカッコイイっす! そして日本のパンク兄貴、 "SA"も忘れちゃいけません。暑苦しいほど男臭い力強くポップな一枚! レッツ・シンガロング! 他にもここで紹介しきれない程名盤が満載。はあ、 おなかいっぱい...

実際の話、レコミュニって(今は静かですが・・・(笑))本当に音楽好きな人がいっぱいな場所なので、みんなもっと自分のために使って遊べばいいのに、と思います。

書いていて思い出したのですが、mf247はPC向けサービスを縮小して、モバイル向けに特化してしまうのですよね。

【重要】mF247 PC版サービス一部廃止のお知らせ

アーティストとネット流通の関係はどんどん進化してきていて、やはり最後は「如何にして自分の音楽に興味を持ってもらうか?」というアテンションの問題に収束しつつあるように思えます。リスナーからすれば「自分がいいと思える音楽をどうやって見つければいいのか?」という悩みとなります。だからファンによる紹介・レコメンドにフォーカスしたレコミュニは、素晴らしく先見の明があったと思うのですよね。そして先行者であるがゆえに悩みも多い、と(笑)。

まずはリニューアルの機会に、改めて覗いてみてはどうでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2008 | Main